中学合格実績

男子校・女子校

麻布中学校

アサンプション国際中学校

大谷中学校

小林聖心中学校

大阪星光学院中学校

海陽中学校

甲南中学校

甲南女子中学校

神戸海星女子学院中学校

神戸国際中学校

神戸女学院中学部

甲陽学院中学校

四天王寺中学校

松蔭中学校

親和中学校

淳心学院中学校

清風中学校

清風学園中学校

滝川中学校

帝塚山学院中学校

同志社女子中学校

東大寺学園中学校

灘中学校

白陵中学校

報徳中学校

武庫川女子大学附属中学校

洛星中学校

六甲中学校

明星中学校

共学校

愛光中学校

追手門学院中学校

大阪教育大附属平野中学校

大阪水都国際中学校

大阪桐蔭中学校

岡山中学校

岡山白陵中学校

開明中学校

香川誠陵中学校

関大北陽中学校

関西大倉中学校

関西学院千里国際中等部

関西学院中等部

関西大学中等部

京都府立洛北中学校

京都教育大附属桃山中学校

金蘭千里中学校

啓明学院中学校

神戸学院大学附属中学校

神戸龍谷中学校

神戸大学附属中学校

三田学園中学校

須磨学園中学校

清風南海学園中学校

高槻中学校

帝塚山中学校

東海大附属大阪仰星中学校

同志社香里中学校

土佐塾中学校

奈良学園中学校

仁川学院中学校

西大和学園中学校

兵庫県立芦屋国際中等教育学校

洛南中学校

立命館中学校

立命館宇治中学校



合格体験記

2020年度 神戸海星女子学院中学校合格 F・Hさん

私は、4年生の時に入塾しました。本が大好きなので、色々な本を読めることが楽しみでした。松桜塾で勧められて読む本は、自分では選ばないような本でしたが、どれも面白い内容ばかりでした。国語の授業は難しい時もありました。でも、先生がヒントになることを説明してくださり、自分で考えられるようになりました。先生は私の得意、不得意をちゃんと分かってくださっていて、私に合った方法を考えて教えてくださるので、自分でもどんどん上達していると思えました。そして、元々好きだった国語がもっと好きになり、自信がもてるようになりました。

けれどその一方で、算数はずっと苦労していました。入試まで2ヶ月を切った時、先生のアドバイスもあって、算数の授業を受けることにしました。私は、はっきり言って算数が嫌いで、基礎的なことも抜け落ちていましたが、短い期間でも何とかやり直すことができました。先生の解説はとても分かりやすくて、苦手だった算数も楽しく勉強できるようになっていきました。入試当日は、問題が簡単に感じて、スラスラ解けたことに驚きました。最後まで諦めずに算数を頑張り切ったことも大きいと思いますが、何より国語を武器にできたことが、第一志望校に合格できた理由だと思います。頑張って良かったです!

先生方、本当にありがとうございました。

(F・Hさん 保護者さま)

本を読むことも文章を書くことも大好きな娘ですが、もっと国語力を高め、強みにできればと、松桜塾に通い始めました。娘にとっては、授業の後に本を読める時間があることがとても楽しみだったようで、喜んで通うことができました。母親の私にとっても、娘本人や先生方から、その日の授業についての話を聞くことが楽しみとなり、少しずつレベルアップしていく様子を嬉しく思っていました。とにかく国語に力を入れ、強みにすることで、受験では他の教科を補うはずでした。

ところが、算数はずっと伸び悩んだままで、かなり厳しい状態になっていました。入試2ヶ月前になってもそれは変わらず...先生に相談し、算数の授業を受けることにしました。もう時間がなかったのですが、先生を信じ、アドバイスして下さったことに毎日取り組みました。

松桜塾の先生方は、いつも娘の良いところを褒めて下さいます。子どもの長所、良さを本人に伝えることで自信をもたせて下さり、また一方で、弱い所もきちんと伝えてフォローして下さいます。先生方の言葉一つ一つが、親の私たちにとっても物凄く励みとなりました。算数の授業を受けている間も不安で仕方ありませんでしたが、先生が連絡帳に書いて下さった「活路は見つかります。」という言葉は本当に有り難く、必ず良い結果につながる!と思うことができました。苦手意識の塊だった算数が、授業を受ける度にできるようになり、娘の算数に対する意識が変わっていくのもよく分かりました。

そして、最後まで頑張り抜く力を下さった先生方のお陰で、第一志望校を含め、2校合格することができました。本当にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い致します。


2019年度 六甲学院中学校合格 Y・Kさん

ぼくは、三年生のころから松桜塾に通い、基本から学びました。受験を意識したのは五年生の終わりごろです。しかし、いざ受験勉強を始めてみると、自分は国語が苦手だということに気づき不安になりました。そんな時、先生方に「長く通っているから文章がきれい」と励ましてもらい記述に自信がつきました。そして、得意な説明文は実践問題を読み込んで実力を伸ばしていきました。「説明文の読み取りがいいね」と言ってもらい、ますます好きになりました。

一方で、物語文は苦手でした。それは、文学的な表現が読み取れていないからだと教えてもらいました。そこで、文章からわかることは何か読み取る練習をたくさん行いました。そして、受験をするころには物語文の読解にも自信が持てるようになりました。様々な問題を読むことで、文章を読む楽しみを知れました。これが、受験を通して変わったことだと思います。

(Y・Kさん 保護者さま)

受験を決めたのは、五年生の三月頃です。決断した時期が遅かったため、難問である六甲の入試問題に太刀打ちできるだけの長文読解力と表現力が身につくか、不安でした。それまでも、新聞や雑誌などで興味を持ちそうな記事を選んで一緒に読み、社会の課題や科学の進展について考える時間を作っていました。また、松桜塾で借りてきた本を読んだり、わからない言葉を辞書で調べたりして知識や語彙を増やそうと思ってはいましたが、なかなか難しかったです。

実際に受験勉強を始め、問題集を解くようになっても、秋くらいまでは正答率が上がらず、模試での点数も伸びませんでした。それで、国語に対する苦手意識が強くなってしまった時期がありました。それでも、松桜塾で文章表現力や説明文読解をほめてもらえたことが自信になり、あきらめずに頑張ろう、と気持ちを切り替えることが出来たようです。また、文学的文章の心情の読み取りは苦手でしたが、不得意であることをネガティブにとらえることなく、『先生と一緒に勉強したらきっとわかるようになる』と信じて取り組んでいたように思います。少しずつ解るようになる喜びがあったので、国語の勉強も楽しく頑張ることが出来ました。習熟レベルや得手不得手に合わせたカリキュラム設定や、子供の個性を理解して楽しく勉強できるよう工夫をしていただけたのは、松桜塾ならではです。

通塾期間が長く入塾前と比べるのは難しいですが、受験が終わってからも自分から以前はあまり好きではなかった物語や小説も面白いと感じるようになり、読むようになったのはうれしい変化です。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。


2018年度 海陽中等教育学校合格 G・Oさん

僕は受験の全日までサッカーをやっていました。このように過ごせたのは、つめこみタイプの勉強をさせない松桜塾に通っていたからです。授業では、いつも先生と勉強に全然関係のない面白い話をしているようで、気がつけば大事なことが分かっていました。こんなやり方だから、僕はこの塾には毎回遊びに来ているような気分でした。僕は、この塾で国語と算数を両方とりました。

国語では、以前より本を読むようになり、さまざまな表現にも出会いました。そして、文章を読んだらその内容が想像できるようになり、聞かれたことに答える読解力がつきました。算数では、問題文の正しい読み方から学びました。そして、公式を詰め込むのではなく、なぜその公式になるのかを教えてもらいました。そのおかげで、算数でもとばしがちだった問題文を国語のように最後までしっかりと読み込み、算数自体を深く理解して楽しめました。とにかく、ここでは、楽しみながら深く理解し、さらに勉強が好きになります。合格できた今は、楽しかっただけではなく、勉強もしっかり身に付いたと感じています。

(G・Oさん 保護者さま)

通塾前は、体を動かす事が大好きで本はほとんど読んでいませんでした。また、なんでも早く終わらせたい性格で、じっくり取り組む事を避けていました。しかし、松桜塾での一人ひとりの可能性に楽しく寄り添った授業を続け、次第に文章を読み取る力が付き、本が好きになっていました。さらに、算数でも難しい問題にチャレンジすることを楽しみ始めました。目先の点数を取るための指導ではなく、これからの人生を豊かにしていく頭の使い方を教えてくれる塾だと思います。